理念

 

プロジェクトの理念 ─夢をもち夢に向かって健やかに─

 
理念

■子供たちの夢を叶えること、それが大人たちの夢。
唯一無二の存在、未来を担う子供たちが描く夢は尊いもの。
将来の夢を持つことは子供たちの成長の道標となり、子どもたちが道を外さないための指針となります。
なりたいもののある子供は、そこを目指すことで学ぶことに意欲を持ち、生きることに強くなるのです。
我々は、子供たちの「夢の実現への架け橋」となるべく、同志と共に多様なコンテンツの相乗性をもって活動を展開していきたいと考えます。

■夢を実現する力を導く“表現力の核”「アート脳」を育成する。
絵を描くという行為は、頭で思うことを手を使い表現することで、想像力をつかさどる脳(前頭葉)を刺激し、その活性効果により「思考力」「判断力」「想像力」が培われ、情操面が育まれます。
情操面が豊かになると、対する人の気持ちに成り代わる意識のもとコミュニケーション機能が促され、人との交流の中で育まれる多様性と柔軟性を持った人的魅力の向上にも繋がります。
夢を追い求め実現を目指す上で、それらはとても重要です。
人工知能では得難い、そこに必要とされる“表現力の核”が「アート脳」なのです。